top3-1

港区議会第2会派「みなと政策会議」を結成
若手中心の政策集団、超党派で区民のために

「みなと政策会議」は、港区議会の第2会派で、様々な政党、無所属の議員9人で構成する政策集団です。
区議会では自民党議員団につぐ第2会派となり、区政を厳しくチェックする役割を担っています。
国政とは一線を画し、政党や立場にとらわれない、しがらみのない立場で、「区民にとって本当に必要なサービスは何か」を真剣に考え尽くし、実現することを目指し、結成致しました。
 国際都市・港区のポテンシャルを活かして先進的なまちづくりや質の高い住民サービス、手厚い福祉の実現、そして開かれた議会を実現するためには、これまでの施作の「マイナーチェンジ」(多少の改善)に終わらせるのではなく、各施作をゼロベースで考え直すなど、思い切った改革が必要です。そのためには、個々の力を最大限に活かしつつも、既存の枠組みを超え、大きくまとまっていくことが重要だと考えました。

所属議員

Member

榎本あゆみ

国民民主党

世界に誇れる港区へ
聖心女子大卒業。海外で4年間働き3社目を起業。保育園経営。経営者目線で鋭く切り込む。区民文教常任委員。会派政調会長。芝浦在住。1期目。

Read More

山野井つよし

立憲民主党

あたらしいコトはじめよう
聖徳三田幼稚園、暁星小中高、成蹊大、青学大院卒。区民の思いを区政へ。受動喫煙対策等に取り組む。総務常任委員。三田在住。1期目。

Read More

兵藤ゆうこ

立憲民主党

手厚い高福祉の港区へ
双子の中学生の母。障がい児の子育て経験から、高齢者、障がい者、子育て支援に取り組む。区民文教常任委員。芝在住。1期目。

Read More

横尾俊成

無所属

自分たちの街は自分たちの力で
早大院卒、NPO代表。街の課題をみんなで解消する仕組作りがテーマ。議会運営副委員長、建設常任委員、会派会計。赤坂在住。2期目。

Read More

清家あい

無所属

記者目線&ママハート
東麻布生まれ、飯倉小、青学大卒。小4の母で「港区ママの会」主宰。元産経新聞社会部記者。保健福祉常任委員。会派幹事長。西麻布在住。2期目。

Read More

杉浦のりお

立憲民主党

いじめをなくす!やさしい社会
3期目、保健福祉常任委員、国学院大卒。町会・自治会改革。
不可能を可能にするために努力致します。

Read More

なかまえ由紀

無所属

身近で信頼できる区政へ
的確な区政情報の発信と区民が声を上げやすい仕組み、双方向性の向上を!行財政特別委員長、会派副幹事長。京都府出身。東北大卒。南麻布在住。4期目。

Read More

阿部浩子

社民党

いのちと暮らしを最優先!
子育て議員として、福祉・教育・環境で港区を変える!区民文教常任委員長。秋田県出身。
麻布十番在住。4期目。

Read More

七戸じゅん

国民民主党

日本の未来を真剣に!
明治大、法政大院卒、MBA取得。リクルートを経て人材紹介会社設立。東京青年会議所元港区委員長。副議長、建設常任委員。4期目。

Read More

活動報告

Activity

0125ac

平成31年度予算要望書提出

9月26日、私たち「みなと政策会議」の「平成31年度予算要望書」を、武井雅昭区長に提出しました。港区議会で採択した「同性パートナーシップ認証制度」の早期実現のほか、「港区版ふるさと納税」による給付型奨学金制度の創設、幼稚園不足に対応するための「認定こども園」の増設、予算編成過程の積極的公開など、76項目にわたる要望をまとめました。

30_yosan

平成30年度予算要望書提出

10月6日、「みな と政策会議」は、会派の「平成30年度予算要望書」を、武井雅昭区長に提出しました。人口増が続く港区で、 ますます需要が膨らむ保育や介護 のサービスヘの対応、 東京オリンピック ・ パラリンピック開催を見据えた先進的な政策を中心に、厳しい費用対効果のチェックを行いながら、全員で作り上げました。

29_yosan_s

平成29年度予算要望書提出

平成28年10月12日武井区長に予算要望書提出しました。みなと政策会議の提案が多数、反映されました。

28年度予算要望書を区長に提出

 私たち「みなと政策会議」は、この度、「平成28年度予算要望書」を武井雅昭区長に提出致しました。10人の区議会議員それぞれが日々地域で伺う要望、また「こんな街にしたい」という理想を元に全員で議論し、アイディアを出し合いました。
2020年、あと5年後には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。国際都市たる港区が世界に先駆けて産業、環境、ボランティアなどの分野で様々な試みを実行する必要性がある一方、中小企業への支援や子育て施策、子どもの貧困対策、そして孤立化する高齢者の支援については、早急に充実させていく必要があります。
120項目にわたる提案は、認定こども園や学童クラブの充実、ひとり親支援などの「子育て支援」、介護福祉施設の整備や高齢者を地域のみんなで支える「高齢者福祉」、国際バカロレア認定校、国際学級、インクルーシブ教育の推進などの「教育」、マンション自治会への支援や台場等の水質改善、バリアフリーの推進などの「まちづくり」や「防災」、オープンガバメントやフリーWi-Fiの整備、戦略的な情報発信などの「区民サービスの拡充」、また、BRTの導入促進や起業家支援、タバコの分煙対策など多岐にわたっています。
今回提出した予算要望書の詳細は下のアイコンをクリックすると表示されます。10人の思いのたけを政策にしましたので、ご覧いただけると嬉しいです。

ニュース

News

2018年秋冬 みなと政策会議活動レポートを発行しました。

2018年春夏 みなと政策会議活動レポートを発行しました。

2017年秋冬 みなと政策会議活動レポートを発行しました。

2017年春夏 みなと政策会議活動レポートを発行しました。

2016年みなと政策会議活動レポートを発行しました。

2015年みなと政策会議活動レポートを発行しました。

お問い合わせ

Contact Us




公式フェイスブック

Facebook